ソリティアで勝つことを目指して 遊戯王ブログ

遊戯王のブログです。使ったデッキの紹介や、構築について思ったこと書いてます。

リンクロス登場後のドラゴンリンク 構築考察(リリーサークラウソラス・ドラグーン・ヴァレルエンド)

記事をお読みに来てくださり、ありがとうございます。

クルーシャと申します。

 

今回はETERNITY CODEで登場したリンクロスによって、変化したドラゴンリンクの構築や型について、自分の知りうる知識の中からではありますが解説していきたいと思っています。

 

長くなりますが、お付き合いのほどよろしくお願いいたします。

 

1.ドラゴンリンクについて

息が長く、《トポロジック・ガンブラー・ドラゴン》の規制後の現環境においてもリンクロスの後押しもあり非常にパワーを持ったデッキだと認識しています。

このデッキをあまり詳しく知らない方向けに、改めてどのようなデッキタイプであるか説明していきます。基本的なことしか書かないので知っている方はこの章は読み飛ばしてください。

 

分かりやすく図を載せておきます。

f:id:Kurusha:20200213023250j:plain

図 基本的な展開の流れとデッキコンセプト

 

ドラゴンリンクの動きは、《水晶機巧-ハリファイバー》、《星杯の神子イヴ》、《ドラグニティナイト-ロムルス》を初動として、《守護竜エルピィ》《守護竜ピスティ》を使用しリンク数を伸ばしていくことから始まります。伸ばしたリンク数を活かし、先なら妨害を用意、後ならばワンキルを狙いにいく展開系のデッキです。

 

デッキの中身は展開に繋がるカードが大半を占め、リンク数を1枚から稼げる《輝光竜セイファート》・《暗黒竜 コラプサーペント》や、優秀なドラゴン族カテゴリーである《ヴァレット》カード。初動の確保としては、レベル4・チューナーレベル1ドラゴン族モンスターへ触れる《予想GUY》・《クイック・リボルブ》が用いられます。そして残りに指名者と誘発の枠が割かれます。

 

このデッキの魅力的なポイントは、①相手の妨害を超える力が高いこと、②1枚で詰む致命的な誘発が少ない、の2点が挙げられます。

 

①相手の妨害を超える力が高いこと

《輝光竜セイファート》、《水晶機巧-ハリファイバー》、《星杯の神子イヴ》、《ドラグニティナイト-ロムルス》のように相手が意識する初動が多いため、妨害を撃たせられるような手数が非常に多いと言えます。採用カードの中身が指名者と誘発を除けばほぼ全て手数に繋げられるカードであり、手札を無駄なく使い切れるため、妨害を超えたうえで初動へ絡む動きを連発し続けることができます。

 

②1枚で詰む致命的な誘発が少ない

展開系デッキに対して非常に有効な《原始生命態ニビル》についても《リンク・スパイダー》の採用で展開途中に貰っても問題なく妨害を構えられます。オルフェゴールのシェアの増加に伴って、サイドから積まれていることの多い《アーティファクト-ロンギヌス》についても、セイファート初動を除き展開に影響を与えることがありません。

 

基本的な妨害要員としては《召命の神弓-アポロウーサ》や《ヴァレルロード・S・ドラゴン》が挙げられます。前者は展開途中に繰り出し、後者は《ヴァレット・トレーサー》1枚から成立するためこの2枚はどのような型であれ採用されます。

 

構築にもよりますが、《儀式魔人リリーサー》を絡めた《クラウソラスの影霊衣》や、《ライトロード・ドミニオン キュリオス》と《トロイメア・グリフォン》を利用し、デッキから《王宮の勅命》や《虚無空間》等を確実にセットするような妨害も成立させられます。また、図のように《ドロドロゴン》を絡め、メインにバニラを採用することなく《超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ》を添えることもできます。

 

基本となる守護竜ギミックが《守護竜アガーペイン》しか禁止になっておらず、リンク数を伸ばすカードの組み合わせが規制されていないため、このデッキが用意できる妨害の幅は非常に広いです。

 

後手は《ヴァレルソード・ドラゴン》や《アクセスコード・トーカー》を駆使し、妨害を踏み越えた後の残ったカードからキルを取りに行きます。特に《ヴァレルソード・ドラゴン》は《マグナヴァレット・ドラゴン》を利用し、《超雷龍-サンダー・ドラゴン》のような厄介な耐性を有するカードの確実な処理もこなせます。

 

ドラゴンリンクは展開の幅も広く、非常に楽しく構築プランを練ることができる良デッキだと感じております。特に素引きしたくなく、コンボでしか役に立たないカードの採用を抑えられるため感触がいいです。

 

2.リンクロス登場後の構築

2.1 リンクロスについて

 《リンクロス》は存在してはいけないモンスターです。

f:id:Kurusha:20200213033956j:plain

リンク1/光属性/サイバース族/攻 900
【リンクマーカー:下】
リンク2以上のリンクモンスター1体
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
そのリンク素材としたリンクモンスターのリンクマーカーの数まで、
自分フィールドに「リンクトークン」(サイバース族・光・星1・攻/守0)を特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「リンクトークン」をリンク素材にできない。

(出典:遊戯王カードWikiより)

このカードが如何に強く、カードパワーが引き上げられた現カードプールにおいてどれだけ暴れているかは周知されていると思います。

 

非常に強力な利用法としてはまず1つ、《水晶機巧-ハリファイバー》《幻獣機オライオン》 《リンクロス》《武力の軍奏》のグッドスタッフ要素の強いシンクロを含めた展開に使用されることが挙げられます。

 

またここでは割愛させていただきますが、シンクロに繋がるギミックを使わずとも、他のデッキでも様々な活用法を見せています。恐らくリンクロスで検索しただけでも、リンクロス活用講座が山のように転がっているでしょう。

 

さて、ドラゴンリンクの運用方法については上記のシンクロルートから《儀式魔人リリーサー》を絡めた《クラウソラスの影霊衣》の成立や、《ストライカー・ドラゴン》の墓地のヴァレットの回収、《星杯の神子イヴ》 《ドロドロゴン》の成立に使用します。

 

特に《星杯の神子イヴ》 の成立に大きく寄与しており、《ストライカー・ドラゴン》を経由した《ドラグニティナイト-ロムルス》から、リンクロストークン+トレーサーを素材に作れるようになりました。

 

《水晶機巧-ハリファイバー》からも守護竜展開に繋げられるようになっており、リンクロス採用以前と比べてメインギミックで受けられる妨害や誘発が1伸びています。

 

2.2 各構築と型について

現在ドラゴンリンクで主要に思われる構築と展開プランについて紹介します。

前提として各型ではいずれも《召命の神弓-アポロウーサ》+《ヴァレルロード・S・ドラゴン》は横にいるものとします。

 

また、構築の誘発の枠やエキストラの必須枠以外などは適当なため、あくまで参考例としてご覧ください。

 

①《儀式魔人リリーサー》+《クラウソラスの影霊衣》を目指す構築

2つの構築を紹介します。

f:id:Kurusha:20200213043655j:plain

図 タイプ1

 

f:id:Kurusha:20200213044432j:plain

図 タイプ2

 

これらは2つとも《儀式魔人リリーサー》+《クラウソラスの影霊衣》の成立を目指す構築です。儀式関連の3枚のメイン採用とエクストラを若干数使用しますが非常に強力なリリーサーの付与効果を相手に押し付けることができ、サイド後であっても2枚以上のほぼ専用になる対策札を要求できるため、デッキによっては容易に詰みまで到達できます。

 

対策札として多く採用されている《超融合》リリース系モンスターはリリーサーの付与効果で防ぐことができます。《冥王結界波》についてはサベージとアポロウーサが無効化されてしまうため、もう1枚のカード(《宵星の騎士ギルス》《閃刀術式-アフターバーナー》等)で対処されてしまいますが、1枚では詰むことがないため比較的安心できます。

 

タイプ1の構築の特徴は《水晶機巧-ハリファイバー》の成立=妨害の成立です。展開ルートは水晶機巧-ハリファイバー》《幻獣機オライオン》 《リンクロス》《武力の軍奏》から繋げます。

 

後者は《召命の神弓-アポロウーサ》の成立後に《トロイメア・ユニコーン》を経由して《虹光の宣告者》から展開を行います。《幻獣機オライオン》 《武力の軍奏》が不採用でも展開できるため、腐るカードが減り《トロイメア・ユニコーン》、《リンク・スパイダー》の採用から対応力が増しています。タイプ1との差異は《妖醒龍ラルバウール》が必要になっていることですが、レベル4以下のドラゴンのため素引きしても最低限の役割を持っています。

 

自分は一時期後者のタイプ2の構築を使用していました。こちらは対応力がタイプ1に比べ高く、メインギミックで事故る可能性も減っています。勿論、両者ともメリット・デメリットはあるので、それぞれどちらと比較しても完全な上位互換とはなり得ません。

 

②《超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ》+装備状態《破壊剣-ドラゴンバスターブレード》を目指す構築

f:id:Kurusha:20200213050351j:plain

図 タイプ3

今自分が構築の最適化を目指し使用しているタイプです。先攻盤面としてはドラグーン+サベージの2妨害を用意しつつ、エキストラデッキからの召喚不可を用意するプランです。

 

【①《儀式魔人リリーサー》+《クラウソラスの影霊衣》を目指す構築】に比べ、エキストラデッキを多く専用パーツに割くことなく、素引きで腐りかねない儀式関連のカードを採用せずに済みます。

 

《破壊剣-ドラゴンバスターブレード》が非常に強力なため、《超融合》、《冥王結界波》1枚で詰むことはありませんが、壊獣やサタンクロースを初めとするリリース系モンスターで《破壊剣-ドラゴンバスターブレード》の装備モンスターを対応されてしまった場合この2枚の妨害をそのまま通してしまうため、①に比べサイドカードを前提とした盤面の強固さはやや劣っています。

 

しかし、閃刀姫、サブテラー、オルターガイストを初めとする魔法罠で主に戦うデッキに対して①よりも安心できる布陣を築けます。

 

《シェルヴァレット・ドラゴン》の採用・不採用については、こちらも一長一短です。不採用の場合、誘発を貫通しても撃たれどころ次第では《ドロドロゴン》がどうやっても成立不能となるため、保険の意味も込めて採用も十分考えられます。

 

今主に考えている構築ですので、詳しくは3章で述べます。

 

③《ヴァレルエンド・ドラゴン》+装備状態《破壊剣-ドラゴンバスターブレード》を目指す構築

f:id:Kurusha:20200213061251j:plain
図 タイプ4

 

②と比較し、《ドロドロゴン》《超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ》の2枚が採用されていないため、エキストラデッキに余裕が生まれています。それに伴い、《ヴァレルエンド・ドラゴン》を採用しており、妨害数としては変わらないため構築における自由度が高いと言えます。《リンク・スパイダー》の採用も可能です。

 

《ヴァレルエンド・ドラゴン》はモンスターを主体に展開するデッキにおいては処理の手段がないといっても過言ではない耐性を誇ります。その系統のデッキは《ヴァレルソード・ドラゴン》で上からライフを取るくらいの解答しかないと思われます。相手の置物の耐性を無効化できるため、《超雷龍-サンダー・ドラゴン》《宵星の機神ディンギルス》といったモンスターの処理も容易にできます。

非常に優秀な盤面破壊効果を持つ《アクセスコード・トーカー》を採用できるのもこのタイプの魅力です。ドラゴンリンクにおいては主に風、水、光、闇の4回破壊を行使でき、相手の盤面を剥ぐことができます。

 

後述しますが、②と異なり《破壊剣士の守護絆竜》が必要ではないため、《ブルートエンフォーサー》を採用できます。自由枠の広さから《天球の聖刻印》も採用できるため、《コアキメイル・ドラゴ》での縛りや、《増殖するG》を受けてもストップ先を作ることもできます。その際は、《リンク・スパイダー》とサイドチェンジの枠になるでしょうか。

 

2.3 《混源龍レヴィオニア》について

f:id:Kurusha:20200213093836j:plain

構築や考え方によって、採用が分かれるカードです。先攻展開には絡まないカードのため、明確に必要なカードではありません。

 

しかし、メインギミックにおける貴重なバック割りの役割を持ってます。また、初手に《輝光竜セイファート》や《アブソルーター・ドラゴン》がある場合、《守護竜エルピィ》《竜の渓谷》でこの2枚にアクセスする必要が無くなる分1枚の余裕が生まれ、このカードに触ることができます。それによって先攻展開において1ハンデスの役割が生まれ、上振れのカードとしても使用できます。

 

レベル8ドラゴン族のため、《輝光竜セイファート》で回収してドラグーンの弾にしたり、返しのターンで伏せられたカードを割りにいったりすることもできます。そのため、リソースの役割も持たせることができます。


経験則にはなりますが、墓地にも除外も介さないデッキバウンスというハンデスで最も強い処理を取ることによって、相手の手札の捲りのキーパーツを抜くことで勝った試合も多いです。ただ、成功体験の認知バイアスに捕らわれているのは否定できません。

 

上振れしたときのリターンとしても調度いい案配のカードではあります。勿論初手の事故にも絡むカードのため、《ワン・フォー・ワン》をさらに採用するなどssカードを多く採用した構築なら手札事故を十分に許容できる数字にできると思います。

 

このカードよりもリターンを少なくしつつも、上振れを狙えるカードとしては《ノクトビジョン・ドラゴン》が挙げられます。

 

《ワン・フォー・ワン》を採用している場合は《妖醒龍ラルバウール》を介して《ノクトビジョン・ドラゴン》にアクセスすることでロムルスからのリンクロスを経由したイヴの初動にもなります。

 

《妖醒龍ラルバウール》は《輝光竜セイファート》や《アブソルーター・ドラゴン》が初手にある場合《守護竜エルピィ》から特殊召喚することで《混源龍レヴィオニア》をサーチできたり、ss条件が緩いため、捲りや壁としても扱える器用なカードです。 

 

3.構築における選択と考察

3.1 選択理由

私が使用している構築は、先攻展開にアポロウーサ、サベージ、ドラグーンを用意するタイプです。前章における②の構築になります。

 

このプランの選択理由としては、閃刀姫、サブテラー、オルターガイストを初めとする魔法罠で主に戦うデッキに対して①、③と比較したときに先攻展開が強力であるからです。

 

③の対応力も非常に魅力的ですが、魔法罠で主に戦うデッキに対してサイドチェンジ後のリリース系モンスター1枚で負けることを嫌い②の構築を選択しました。

 

《シェルヴァレット・ドラゴン》を採用せずとも良くなったことも選択した理由の1つで、レベル4ドラゴンと1チューナーの割合を崩さずに、《星杯の神子イヴ》スタートの確率を保つことができます。

 

ドラゴン二体からの展開である《ドラグニティナイト-ロムルス》が初動となるルートは、相手に展開がばれていると、《ストライカー・ドラゴン》や《ドラグニティナイト-ロムルス》に妨害を当てられると、貫通には良質な手札が求めらます。

 

そのためなるべく《星杯の神子イヴ》スタートをしたいです。とはいえロムルススタートにおいて上記2体に誘発を当てられも、《クイック・リボルブ》を引いていれば貫通できることも多く、いかにこのカードがパワーカードであるか実感できます。

 

展開ルートとしては、《星杯の神子イヴ》初動、《ドラグニティナイト-ロムルス》初動(セイファートスタートも含む)、《水晶機巧-ハリファイバー》初動の3パターンの基本展開を考えています。《水晶機巧-ハリファイバー》初動については誘発貫通でロムルス初動から移行することもあり、ケア展開としての側面もあります。

 

3.2 採用カードと事故率の与える影響

詳しく説明するため②の図タイプ3を再掲します。

f:id:Kurusha:20200213050351j:plain

図 タイプ3(再掲)

 

手札誘発としては、《増殖するG》3、《灰流うらら》2、《朔夜しぐれ》1、《エフェクト・ヴェーラー》1、《無限泡影》1、《原始生命態ニビル》1の合計9枚になります。《増殖するG》3《灰流うらら》2については説明を割愛します。

 

現環境では無効系誘発を強く使える対面が多く、《抹殺の指名者》用に無効系の3枚を1枚ずつ採用しています。《原始生命態ニビル》については《リンク・スパイダー》の採用をしていないため、メインから採用としています。

 

《無限泡影》を除き、《朔夜しぐれ》と《エフェクト・ヴェーラー》は展開に絡むカードでもあります。《エフェクト・ヴェーラー》はレベル4ドラゴン族モンスターのss(《予想GUY》《クイック・リボルブ》)でイブスタートを行うことができます。《朔夜しぐれ》は《水晶機巧-ハリファイバー》初動におけるss用のレベル3チューナーの役割も有しています。

 

しぐれの採用に関しては、構築の段階で、レベル3チューナーが《灰流うらら》2枚のみの場合を考えていました。

《灰流うらら》の2枚引き、初手に《灰流うらら》+《抹殺の指名者》で《水晶機巧-ハリファイバー》への誘発に《灰流うらら》を撃たれ、それに《抹殺の指名者》を合わさなければならないケースを無視できないと判断しました

 

なお、この場合の確率は約7.8%*1になり、個人的に無視できない数字だと考えています。(一番最後に計算方法を参考に載せています。*1を参照してください。間違っていたら指摘していただけると助かります。)

*《灰流うらら》+《抹殺の指名者》の場合、かつ相手が《灰流うらら》を撃っている条件で考えていますが、(相手が《灰流うらら》を1枚以上引いている確率も含めたうえでの)計算は面倒だったので正確な値ではありません。なのでこの試行は相手が《灰流うらら》を100%初手に持っている前提があります。

 

7.8%の数字は、大会の予選トーナメント5回戦を想定したときに、デュエル数10において、最低でも一度以上起こり得る確率が55.61%にまで膨れます。

 

見かけ上の数字は比較的小さくとも、一日を通して最低一度起こり得る確率は高く見えます。この例であれば予選の中だけで約1/2の確率でハリファイバーから出す3チューナーがデッキにない事態が一度は起こり得ます。

 

単純な事故の場合も想定されるデュエル数を元に事故率から計算することで、一日を通した大会の試合でどの程度事故が発生するのか、事前に検討できるため同じような考え方ができます。

 

指名者も誘発を躱すためにフルの6枚を採用しているため、誘発の枠を除いてもある程度許容しなければならない事故率は最低限存在します。後日構築王で500回程度暇なときに回してみて、集計し終わったら追記するつもりです。

 

事故が発生する手札パターンは白黒、誘発、指名者で手札が埋まっている場合が多いです。さらに事故率を低減させるためには、誘発の枠を《ドラゴンメイド・チェイム》と《ドラゴンメイドのお心づくし》、もしくは《ワン・フォー・ワン》、《ドラコネット》の採用枠に変えることで実現できます。試行回数を増やして納得できる事故率にする必要があります。 

 

事故率との兼ね合いもありますが、《アーティファクト-ロンギヌス》が刺さらないように《ドラゴンメイド・チェイム》と《ドラゴンメイドのお心づくし》を《輝光竜セイファート》と白黒の枠と入れ替える形にしてもよさそうですが、《輝光竜セイファート》はリソース残しの役割を担っているカードでもあり、まだ試せていません。

 

個人的には誘発枠が増えることで事故率が増加するのであれば、先攻展開に支障がでない(自分が納得できる)事故率にまで落とす方が優先だと思っています。なかなかその配分が難しいところではありますが、最低限《増殖するG》2、《灰流うらら》2、《原始生命態ニビル》1+レベル3チューナー1枚があれば十分だとは感じています。

 

《混源龍レヴィオニア》を採用している場合、上振れる(本来の展開+素引きのレヴィオニアorセイファートかアブソル―ターの素引き)ことができれば1ハンデスに加えてさらに恩恵があります。最終盤面にレヴィオニアを残し、《破壊剣-ドラゴンバスターブレード》をサベージではなくレヴィオニアに装備することで、リリースによって①サベージの妨害②ドラゴンバスターブレードのEX封印の妨害を一気に剥されるリスクを分散できます。

 

この構築では 《破壊剣士の守護絆竜》を採用しています。《ブルートエンフォーサー》でも展開することはできますが、展開ルートによっては《召命の神弓-アポロウーサ》が用意出来ないため、《破壊剣士の守護絆竜》の採用が無難だと考えています。《召命の神弓-アポロウーサ》が用意出来ない展開ルートを補足として次の章で紹介します。

 

4.基本展開

基本的な展開例は以下になります。とはいえ他の方が動画にしておられるようで、既に展開ルートを知っている方も多いと思いますが、参考のため載せておきます。

 

①イヴスタートの展開

②ハリファイバースタートの展開

この展開は妨害貫通の意味合いが大きく、事故率低減に貢献するルートになります。何かしらに無効や破壊されたあとハリファイバーから動く際の参考にはなると思います。

③セイファート展開(ブルートエンフォーサー採用の場合)

《破壊剣士の守護絆竜》であれば、途中《召命の神弓-アポロウーサ》に変換ができます。モンスター数を+1できれば、《ヴァレルソード・ドラゴン》《マグナヴァレット・ドラゴン》でさらに追加の1妨害が用意できます。

5.今後の展望(マスタールール4)と総括

皮肉にも《リンクロス》が来て、イヴスタートしなくても良くなったことによる事故率低減で、EXゾーンにイヴを出さなくて良くなる恩恵は少なさそうです。《ノーマテリア》のケアはより簡単になると思います。

 

マスタールール4の影響はTCGで《星杯の神子イヴ》が禁止になっていたり《水晶機巧-ハリファイバー》がとうとう禁止になりそうで、規制による影響の方が大きそうです。個人的には《幻獣機オライオン》を《水晶機巧-ハリファイバー》の代わりに削ってほしいと思っていたり...


つまり、規制次第です。

あと妨害数が1欲しいとも思ってるので、自然に採用できるアガーペインのような新規も募集してます。

 

途中述べたように、《アーティファクト-ロンギヌス》が刺さらないように《ドラゴンメイド・チェイム》と《ドラゴンメイドのお心づくし》を《輝光竜セイファート》と白黒の枠と入れ替える形にして試してみてもよさそうとは思ってますが、《輝光竜セイファート》はパワーカードで強く召喚権を使えるカードなので完全に抜くのも等考えています。

 

ざっくりと各構築と自分が握っている型について考えている内容をこぼしていきましたが、皆さんの参考になるような内容になっているのであれば嬉しく思いますもし、この部分は違うんじゃないのか、等の指摘や議論、相談したい内容を考えていただけているのであれば、喜んで対応致します。

 

ドラゴンリンクは環境で戦っていけるパワーを持っていると感じておりますし、自分もまだまだ未熟ではありますが、これからさらに使い倒して検討や最適化を考えていければと思っています。

 

ドラゴンリンクの使い手がさらに増え、構築の研究がさらに進んでいけばと思っています。

 

長々とお読みくださりありがとうございました。

ご質問や聞きたいことがあればtwitterのクルーシャのアカウントまでリプをお願いします。

 

読んでいただいた方で、この記事のいいね・RTをしていただけるとすごく嬉しいです。

twitter.com 

 *1 計算7.804%(四捨五入した後のパラメータでの計算)

自力での計算が面倒だったので、各%の算出はこのサイト(複数のカードの確率計算機(マリガン対応)を参考に利用させていただきました。f:id:Kurusha:20200213073045j:plain

 

当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。